表現力UP!英単語を確実にインプットする5つのコツ

Pocket
Share on GREE
Bookmark this on Delicious

英単語を覚えると英会話の能力はグッと上がります。使える表現が増えると話すのも楽しくなるし、未知の音が減るのでリスニングのときも恐怖感を抱くことがありません。

英語でコミュニケーションを円滑に図りたいなら、一番手っ取り早いのが語彙量の強化です。

しかし何度も何度覚えようとしても頭に定着しない・・・こんな経験ありませんか。ここでは確実に頭にインプットしてスラスラ仕えるようになるための4つのテクニックを紹介します。

覚えた単語はその日のうちに復習

「熱は熱いうちに打て!」これは英単語学習にそのまま当てはまります。英単語を勉強して満足してそのまま寝てしまっていませんか?寝る前にもう一度その日覚えた単語を必ず復習するようにしましょう。ノートや単語帳をパラパラめくるのでもいいですし、頭に思い浮かべるだけでもOKです。

復習のタイミングを逃さない!

「エビングハウスの忘却曲線」の曲線を知っていますか?これは一度覚えたことでも20分後には42パーセント、1時間後には56パーセント、翌日には74パーセント忘れてしまいます。そして恐ろしいことに1ヶ月経つと79パーセントも忘れてしまうのです。ですからこの忘れてしまうタイミングにいかに復習が出来るのかが一番重要です。まずは覚えた日に復習をしたら、1日後、数日後、1週間後などと忘れそうなころに繰り返し復習して長期記憶にしていきましょう。

イメージとくっつけて覚えよう

ただアルファベットの並び順と意味だけを淡々と覚えていてはいざと言うときにアウトプットが出来ません。英語の瞬発力を鍛えるにはイメージ化して覚えていくことが大事です。ひとつの英単語を覚えていくとき身近にある風景や、経験にあてはめて覚えていくと、グッと頭の中に残りやすくなるのです。

得意・好きなジャンルから覚えていこう

人は好きなものや興味があるものに対して記憶力が高まると言われています。ですから料理が好きな人なら「煮る」「焼く」「刻む」など調理用語はどうやって英語で言うのだろうと、自分が得意なジャンルの表現をどんどん身に着けていきましょう。そして実際に自分が料理を作っているときも頭の中でその単語を思い浮かべながら料理をすると、さらに効果が高いです。

英単語は闇雲に覚えるのではなく、コツを抑えて覚えていくのが大事なんです!

Pocket
Share on GREE
Bookmark this on Delicious